本文へスキップ

アルバイトをする人が知っておきたい法律のコト

アルバイトをする人が知っておきたい法律のコト

アルバイトをする人が知っておきたい法律のコト

アルバイトと法律

大学や専門学校など学業とアルバイトを両立している人、フリーターとして生計を立てている人、生活費の足しにといった理由でアルバイトをしている主婦・主夫の方など、いろいろな事情があってアルバイトをしている人が大勢います。このアルバイトについてですが、法律に関する知識がないという理由で損をしていることがずいぶんあります。当サイトではこれだけは最低でも知っておいたほうがいいという情報をお届けします。

まず、労働基準法では例外を除き、休憩時間を除いて週40時間超、仕事をさせてはいけないことになっており、休憩時間を除いて1日8時間超、働かせてはいけない決まりになっています。超えた時間分の仕事は時間外労働となりますが、基本的にひと月45時間、年間360時間以内と決まっていますし、1日8時間超の残業に関しては法定時間外労働に該当し、割町賃金を受け取る権利が労働者にはあるのです。

法定時間外労働は、雇う側は通常の賃金の25%以上の割増賃金を払う必要があります。時給800円の場合、最低でも1,000円以上に割増した給料を払わなければいけません。さらに22〜5時までの勤務では深夜割増として通常の給料の25%以上、法定休日に仕事をする休日労働は通常の給料の35%以上の割増賃金を払う必要があります。なお、法定休日は少なくとも週に1日以上、労働者に与える必要のある休日のことです。

バイトのかけもちをしている場合、バイト先Aで5時間仕事をしたあと、バイト先Bで5時間仕事をした場合、法定労働時間をオーバーした2時間は、あとに契約を交わしたバイト先が割増賃金を負担しなければいけないのが一般的です。


〜アルバイト募集に関する役立ちサイト〜
アルバイトを探す際に役立つのが、バイトルのような求人サイトです。こちらの代理店を利用すると、料金プランに関係なく同じ情報量をバイトルに掲載できるので、募集を行う場合にも役立つでしょう →→ バイトル